新しいアルバイトを始めた時など、ライングループに招待されることがあると思います。

そこでどのような挨拶をしたら良いのでしょう。

正解は悪目立ちせず、親切で誠実な挨拶をしておくと良いでしょう。

良い印象を与えることができると、今後もうまく溶け込むことにつながるので、好印象のもたれやすい挨拶を紹介します。

まず、アルバイトで挨拶をする場は二つあります。

一つはグループで挨拶をする場合、もう一つは個人に挨拶をする場合です。

それぞれ見ていきましょう。

アルバイト先でラインの二つのケース

アルバイトでラインをする場は、個人宛にメッセージを送るケースと、グループに招待されメッセージを送る二つのケースがあります。

それぞれ特徴がありすので、それぞれにあった挨拶を心がけましょう。

では、個人向けの挨拶から説明します。

個人あてのLINEの挨拶

個人あてにラインを交換する場合、わからないことを尋ねたら、急なシフト変更をお願いする時に備えて、多くの人のラインの交換をすると良いです。

とはいえ、多くの人とコミュニケーションを取るのは苦手という人もいると思います。もしそうなら無理して大多数とコミュニケーションを取る必要はありません。

気が合うそうな人を見つけて、相談する方が自分に合ってる人もいるでしょう。

なので、ライン交換する人数は無理しない程度にしましょう。

グループラインのケース

グループラインで情報を共有しているアルバイトもあります。

そこで、加入者の名前を覚えたり、挨拶を行えます。

まず、招待されたら早めに挨拶をするようにしましょう。

また、重要な連絡がされることもあるので、こまめに流れてくる情報をチェックしましょう。

 

アルバイトで好印象なLINEの挨拶

アルバイトでのラインで好印象を与えるためにチェックしておきたいことを紹介します。

ラインは文字情報であり、実際にあった時よりも情報量が少ないため、些細なことてコミュニケーションがうまく取れなかったりします。

そのため、口調やタイミング、内容などふさわしい対応をしなければなりません。

初めから友達感覚のノリで挨拶しないようにしましょう。

ではタイミングから解説します。

タイミング

ラインのグループへしようたいされたら、挨拶をするタイミングですが、早ければ早い方が良いです。

相手の立場になって考えてみるとわかりますが、見ず知らずの人がグループに入ってきて、しばらく反応がないと良いイメージは持たれにくいでしょう。

無愛想な印象を持たれるかもしれませんし、それでは好印象とは真逆です。

というわけで、まずグループに招待されたら早めに挨拶をするようにしましょう。

しっかりした挨拶の文章を考え込んでしまいすぐには挨拶できないという人もいるかもしれません。

なので、失敗しにくい例文をお伝えします。

例文

はじめまして、今日からアルバイトをさせていただくことになりました〇〇と申します。

よろしくお願いいたします。

 

初めのラインは個性的な挨拶よりも、このよつな無難な挨拶をしていた方が良いです。

徐々に打ち解けてから、個性のある挨拶をする方が良いと思います。

あくまで例文なので、まだ加えたい情報があれば、長すぎない程度に付け加えましょう。

ラインではあまり長文は好まれないので、無用に長文だけを送らないように注意しましょう。

内容

先ほどの例文の挨拶の後に、もう少しあなたらしさを伝えた方が良いかもしれません。

例えば、年齢や出身地や趣味、以前の職場や学校などを簡単に伝えると良いです。

仲良くなるのに共通点は欠かせないので、長すぎない程度に自己紹介しましょう。

長すぎるのも良くありません。うざがられない長さで、どんな人なのかなという相手の興味を満たせる程度の挨拶をしましょう。

硬すぎず、リラックスしすぎずの挨拶をしましょう。

口調

口調ですが、最低限の敬語を使いましょう。

流行語などは年齢のの離れた方からは、理解できない文章になりがちなので、良い印象を与えない可能性があります。

プライベートすぎた言葉遣いやスタンプの多用も避けましょう。

おはようでやんす、ぴえん、あせあせ、それな、大丈夫そ?、といった語彙を含めた挨拶を初対面でしないようにしましょう。

信頼を損ねますし、仕事を任せて大丈夫か不安になります。

普通に丁寧語で話すだけで十分です。

タメ口てはなく、ですます調を使いましょう。

初対面からタメ口だと、悪い印象を持つ人がいるので、丁寧語が良いです。

このようなコツばかりいっててもわからないと思うので、具体的にどうすれば良いかお伝えします。

個人あての最初の挨拶

はじめまして。本日よりアルバイトをさせていただくことになりました○○と申します。

不慣れで迷惑をかけてしまうかもしらませんが、精一杯頑張りますので、これからよろしくお願いいたします。

このような挨拶であれば、不快なイメージを持つ人はいないと思いますし、丁寧で誠実な印象を受けます。

なので、好印象を与えるためには上記の例文のような挨拶を心がけましょう。

長さもちょうどいいですし、若者言葉もはいっていないので、あまりに打ち解けた文章でもないので先ほどの注意点もクリアしています。

 

グループLINEでの最初の挨拶

はじめまして。本日よりアルバイトをさせていただくことになりました○○と申します。
グループへ招待していただきありがとうございます。お役に立てますように頑張りますのでよろしくお願いいたします。

上記のように誠実で丁寧な挨拶を心がけましょう。

長さもこれくらいならちょうどいいです。

また、グループラインではメッセージを小分けにしないようにするのも大切です。

個人宛なら問題はないのですが、グループラインの場合、まとまって送らないと、わかりにくいメッセージになりがちです。

特に数人以上で会話している場合、特に見返す必要があると手間です。

あと、個人的な内容のラインをグループでは送らないようにしましょう。

他にも時間帯にも気をつけましょう。

深夜や早朝に連絡するのは迷惑に感じる人がいます。