【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

イオン化傾向の覚え方一覧!中学・高校別に覚えられる語呂合わせ”リカちゃん、リッチ

イオン化傾向とは、化学を勉強する人誰しもが通る道で、いろいろな覚え方がありますが、割と覚えにくいものばかりですよね。

今回は、中学生のためのイオン化傾向の覚え方、高校生のための大学受験に向けてのイオン化傾向の覚え方や語呂合わせなどに分けて、それぞれ説明していきたいと思います。

中学生のためのイオン化傾向覚え方!

まず、中3化学では、イオン化傾向について、電池の話で出てきます。

まず、イオン化傾向とは何なのかについてですが、イオン化傾向とは

金属原子や水素原子のイオンへのなりやすさのこと(傾向)をいいます

そこで使われる語呂合わせとして、

Na Mg Al Zn Fe (H) Cu Ag

なんとまがるぜ鉄水銅銀

という語呂合わせのもと覚えられます。

これが左(Na)であればあるほど陽イオンになりやすく、

右(Ag)であればあるほど陽イオンになりにくいということになります。

つまり、イオン化傾向が大きいもの(左)はイオンになりやすい、イオン化傾向の小さいもの(右)はイオンになりにくいという言いかえができます。

これがどういうことかをもう少し具体的に説明すると、

二つの原子があったときに、そのイオン化傾向の大小(どっちがより左にあるか)を比べて、大きいほうが原子であれば、イオンになり、小さいほうはイオンであれば、原子になろうとするというわけですね。

これをもとに反応式を組み立てればいいということになります。

高校生向け:イオン化傾向覚え方その1

イオン化傾向自体の説明としては、上で説明した中学生向けの説明とほぼかわりません。

その中で1つ新しい知識が加わるのですが、それはイオンになりやすいつまりイオン化傾向が高い原子は、電子を失うということです。

ただそれだけなのです。(陽)イオンになりやすいということは、マイナスの電荷をもつ電子がなくなることは容易にイメージできると思います。

それでは、覚え方についてみていきましょう。

Li>K>Ca>Na>Mg>Al>Zn>Fe>Ni>Sn>Pb>(H2)>Cu>Hg>Ag>Pt>Au

リッチに貸そうかな まああてにすんな ひどすぎる借金」となります。

下の語呂を繰り返し、発声するなどして覚えた後、上のイオン化傾向の順番と見比べて頭に入れていけば、かなり覚えやすい語呂合わせになっていることがわかると思います。

ここで注意点がいくつかありまして、

「まああ(てに・・)」なのですがMg>Al>Znとなっていて、あが二つ並んでAlとZnの見分けがつかないというかたに「まあ」を「間がある」のように読むことであると、あでAlとZnを区別することができます。

自分も当時はその覚え方をしていました。つまり、「リッチに貸そうかな 間がある あてにすんな・・・」といった感じにですね。

KとCaも同じ理由で混同しやすいのですが、当時は気合で覚えていました。何回か書いてると気にならないレベルまでになります。

どうしても理由がきになるのであれば、イオン化傾向とはギブスの自由エネルギーと関連していて、標準酸化還元電位野順となっているという背景を知っておくと、納得ができるのかもしれません。(がぎゃくに難しくなる可能性が大いにあるのでお気を付けください)

そういった方向けに、別の覚え方も次にありますので、参考にしてください。

高校生向け:イオン化傾向覚え方その2

次は、上記の理由でつまりKとCaの区別、さらにAlとZnの区別ができている語呂合わせを紹介します。

リカちゃんキャナリアまじありえん‼鉄にすんなひどすぎるはくきん

という覚え方をしている方もいました。

カのKとキャのCaで分けていてかつ、あり(Al)えん(Zn)のようにしていますね。

これは、覚え方としてはかなり評価が高いと思いますが、ちょっと文の意味がわからないという点もあります(笑)

他にもありますので紹介していきます。

高校生向け:イオン化傾向覚え方その3

次のような覚え方もあります。

「結果何がある前提にすんな水道水ギンギン百均かね?」

結(K)果(Ca)何【な】(Na)んが(Mg)ある(Al)前(Zn)提(Fe)に(Ni)すん(Sn)な(Pb)水(H)道(Cu)水ギン(Hg)ギン(Ag)百均(Pt)かね?(Au)

かなり、くせのある独特な語呂合わせだと思います。

以上のような覚え方が存在しているのですが、これらはもともと人が作ったもので、どうしても相性が合わない、覚えられないといった方は、

時間が許す方は、自分で作ってみてもいいのではないでしょうか。もし、自分で作っていい語呂合わせなど覚え方ができれば、必ず忘れないと思いますので、ぜひためしてみてくださいね!

それでは!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました