クロノタイプ診断のオオカミ型の特徴は?

1日のどの時間が活動的になるかがわかるクロノタイプ診断。

クロノタイプ診断のオオカミ型の特徴をお伝えします。

クロノタイプ診断のオオカミ型の特徴

オオカミ型の特徴は、夜型であることです。

夜型なので、朝から思い作業をするよりも、夜にかけてエンジンをかけていく方がうまくいくことが多いです。

人口の割合は、だいたい15〜20%と言われています。

現在のスケジュールに管理された生活に負担を感じやすいです。

なので、時間の融通がきく仕事が向いているかもしれません。

決まった時間に起き、決まった仕事をこなすことが苦手です。

また気分やのことが多い。

良くも悪くも気分に左右されるので、創造的であるといったメリットもある反面、同じ作業や刺激な少ない環境に退屈しがちといったデメリットもあります。

オオカミ型の必要な睡眠時間は7〜8時間。

オオカミ型は夜型であり、内向的で刺激を求める性格なんだとか。

内向的なのに刺激を求めるというのは、若干矛盾しているようにも感じられますが、おそらく他の内向型よりも、好奇心が強いからだと思います。

刺激を求める性格なので、新しいものが好きな人や、興味の幅が広い人が多いです。

内向的であることは、一人で集中することや、没頭することが得意です。

大人数で生活するよりも、少数の深い人間関係を好む人が多いです。

また、オオカミ型のパフォーマンスを発揮する仕事は15.00.〜18.00.に行うことがよいそう。

この時間帯が一番集中できるからです。

一般的に、人は朝が一番集中しやすいと言われていますが、オオカミ型は異例だということがわかります。

夜型のオオカミ型にはデメリットもあります。

夜型であることから、通常のサラリーマンとしての生活に苦痛を感じることが多いからです。

また、夜型の生徒は成績が悪くなる傾向があります。

とはいえ、夜型の方が年収は高いそう。

頭が良い傾向にもあるそうです。

成績は悪いが知能は高いというのが夜型の特徴かもしれません。

マドリッド大学の研究では、夜更かし型の方が成績が良く、年収が高い傾向があったそう。

さっきと言ってることが違うと思われるかもしれませんが、もしかすると夜型かどうかでの成績の差はそれほど大きくないので、またまちな結論が出ているのかもしれません。

また、オオカミ型、つまり夜型は分析することも得意な人が多いようです。

夜型の人は健康状態が良くない人も多いので、その点は何かしら対策をした方が良いと思います。

クロノタイプ診断のオオカミ型の特徴 まとめ

夜型であるオオカミ型の特徴をお伝えしてきました。

昼から夜にかけて集中できる。

頭がよい、成績は良かったり悪かったりする。

年収高め。

内向的。

刺激を求める。

一人で集中できる。

などの特徴がありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました