【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

クーデターと革命の違いとは?わかりやすく解説!

クーデターと革命の違いを解説します。

違いを知るために、まずクーデターと革命のそれぞれの意味を見ていきましょう。

クーデターとは

goo辞書によると、クーデターはこのように説明されています。

既存の支配勢力の一部が非合法的な武力行使によって政権を奪うこと。支配階級内部での権力移動であり、体制そのものの変革を目的とする革命と区別する。

次に革命の意味を見ていきます。

革命とは?

goo辞書によると、革命の意味はこのように説明されています。

被支配階級が時の支配階級を倒して政治権力を握り、政治・経済・社会体制を根本的に変革すること。

クーデターと革命の違い

以上を見比べるとわかる通り、クーデターと革命の大きな違いは、支配者階級内での分裂かどうかな点で異なります。

また、クーデターは非合法的に政権を奪います。

合法的な革命というのも存在しないと思うので、非合法的である点では、革命にもクーデターにも違いはありません。

また、クーデターは支配階級内部での権力移動であり、体制そのものの変革を目的とする革命と区別する、とあります。

つまり、クーデターは体制そのものの変革は目的ではありません。

したがって、体制そのものを変革するのが目的が否かの点も、クーデターと革命の違いです。

革命とクーデターの違いをまとめると、以下の2点に要約できます。

一つ目の違いは、支配者階級内で権力が移動しているか、あるいは非支配者階級が権力を持つようになったかです。

二つ目の違いは、体制そのものが抜本的に変わるか否かです。

したがって、繰り返しになりますが、支配者階級内で権力が移動し、体制が大きく変化しないものはクーデターであり、被支配者階級が権力を手にし、根本的に社会が変化することを革命といいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました