【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

スコトーマとは?スコトーマを外すには?

スコトーマの意味について紹介!

スコトーマは人の判断を不正確にします。

スコトーマの外し方やスコトーマはなぜ生まれるのか、なぜコーチングしてもらったほうが良いのかについてお伝えします。

スコトーマとは

スコトーマとは盲点や暗点のことです。

医学の場面では、正常な人であっても目の構造上見えない部分があり、その暗点をスコトーマと言います。

コーチングの場面では、スコトーマとは心理的盲点のことを指します。

つまり人間の脳の構造上気づかない心理的な盲点の部分をスコトーマと言います。

認知的錯覚と同じような物ですね。

上級者には見えてる事も初心者には見えていないスコトーマ(盲点)があるので、指導を受ける事でスキルを上達させることができます。

例を挙げながら、スコトーマについての理解を深めていきましょう。

指導者に見えてる事は生徒から見ればスコトーマ

プロと初心者・中級者では見えてる世界が異なります。

そのためプロには見えてる事柄も、初心者や中級者では見えていない部分があります。

つまり、プロにとってはスコトーマではないが、初級者・中級者にとってはスコトーマになってる部分があるということです。

例えば、一流のチェスプレイヤーは盤面を一瞬見ただけでこれまでの展開や次に打つべき最善の手かわかると言われています。

これは中級者の思考よりも精度が高く、初級者の考える一手よりも優れています。

つまり、初・中級者には最善の一手がみえていないわけです。

ここがスコトーマ(心理的盲点)になっています。

ある研究ではチェスの盤面を見せ、並びを記憶する能力はチェスの腕前が優れている人ほど正確だということが示されています。

つまりチェスが下手なひとよりも高い精度で盤面を捉えていることになります。

一般的にスキルのレベルが高いほど、詳細なイメージを持っています。

問題が起きた時の解決策の量と質ともに優れています。

つまり、たくさんの解決策を持っており、より効率的で的確で効果的な解決ができることになります。

その上級者とビギナーの精度の差や解決策の数の差がスコトーマ(盲点)になっているわけです。

よい演奏者はそれだけ多くの引き出しを持っていたり、音感の微妙な違いを一般人より遥かに正確に見分けることができたりします。

また、素晴らしい絵を描くことができる人はそれだけ微妙で繊細な色の違いを感じることができたり、より人の心を掴むタッチが可能なんだと思われます。

いろんなスコトーマの例

占いがあたったと感じるのもスコトーマが利用されています。

名前を入力してもらうことで、あなただけの診断結果だと感じます。

多かれ少なかれ誰にでも当たるような情報が書かれているのにも関わらず、あなたはこんな性格です!と「あなただけの性格」のように装っているため、よく当たってると感じるようになります。

よく当たってるのは確かですが、実際は誰にでもあたっています。

占いの結果が自分だけの性格だと感じているので有れば、それは「みんなにも当たっている」という部分が盲点(スコトーマ)になっているわけです。

認知的錯覚は人の盲点になり得ます。

例えば水の温度は暖かくも冷たくも感じます。

片方の手は10度の冷水につけ、もう片方は40度の熱につけます。

その後に20度の水に両方の手をつけます。

すると、片方の手はとても熱く感じ、もう片方の手はとても冷たく感じます。

同じ温度にも関わらず、感じ方は大きく異なります。

これも錯覚の例ですが、知っておけば同じ温度だと判断できるかもしれません。

つまり同じ状況でのスコトーマを克服できるかもしれません。

他には、確証バイアスが有名です。

人は自分の信念に一致した情報を集める傾向にあります。

例えば、A型は几帳面だと信じている人は、A型の人が几帳面な振る舞いをしている行動ばかり目につきます。

そして、やっぱりA型は几帳面なんだ、と自分の信念を強めていきます。

実際はA型で几帳面な人とA型で几帳面でないひとの割合は同じなのに関わらずです。

あるいは、部長は理不尽なことを平気でする正確だと信じているひとは、部長の理不尽な行動にばかり目が向くようになります。

そんな人は部長の理不尽とも理不尽でないとも思われる行動にたいしても理不尽だと解釈しやすくなります。

そうやって自分の見たい情報ばかり集める脳のくせが人間にはあります。

これもスコトーマの一例と言えるでしょう。

他にもダニングクルーガー効果というものがあります。

ダニングクルーガー効果というのは、能力の高いひとよりも、能力の低い人の方が自分は能力が高いと考えやすい傾向のことです。

スコトーマと言えるかわかりませんが、能力が高い人ほど自分の能力を正確に把握しているからこそ生まれているとも考えられそうです。

ハロー効果もスコトーマの一例です。

ハロー効果というのは、ポジティブな特性を持った人は他の特徴も良いと判断されやすい心理的作用です。

例えば、見た目が良い人は性格も良く、頭も良いと認識されやすい傾向があります。

実際に見た目と性格はそれほど関係がないはずなのにです。

これも知っておけば、スコトーマに気付きやすくなります。

アンカリング効果も認知を歪めます。

例えば、イヤホンを買おうとした時に一万円に二重線が引かれていて3000円になっていたとき、よりその商品がお得に感じるようになります。

3000円よりも価値があるように感じます。

これも知ってる人よりも知らない人の方が盲点となり、影響を受けやすいと考えられます。

なぜスコトーマが生じるのか

人の脳はステレオタイプをもとに判断することが多いです。

なぜなら大抵のケースでそのような判断は正確かつ、短時間でできるからです。

素早い判断をするには熟考していては時間がいくらあっても足らず、大型動物に捕食されてしまいます。

そのため生きるために重要な情報だけをもとに素早く正確な判断ができるように人間の脳は進化してきました。

完全な情報ではなく、重要な断片的な情報でしか判断しない分、エラーが起こります。

それがスコトーマです。

例えば、珍しい物を見るとそれについてよく知らない多くの人はそれを貴重な物だと判断します。

また、多くのひとは間違った見解であっても専門家の肩書だけで信じ込みます。

大抵はその判断が正しいですが、間違ってることも多いです。

記憶に関してもスコトーマが生じます。

記憶しやすい情報は主に生きるのに必要な情報が記憶されます。

そのため生きるのに不要な情報はいつになっても記憶されません。

その部分が記憶のスコトーマです。

例えば、強い感情を覚えるような出来事は記憶されやすいです。

目の前で交通事故がおこり危うく巻き込まれそうになったひとはその経験は強く記憶に残るでしょう。

一方、数字のような意味のない情報は感情が動かないので、多くの人は記憶するのに苦労します。

なので語呂合わせで意味づけをして記憶します。

要は感情を動かさない物事は生きるために必要じゃないと脳が判断するため、数字的情報なんかはスコトーマです。

他にも何度も想起されない情報は、生存するために不要だと判断するので、反復しない情報は記憶されません。

これも脳のくせであり、盲点になりやすい部分です。

スコトーマを外すには?

スコトーマを外すには、まずコーチングしてもらうひとを慎重に選ぶ必要があります。

学びたい能力において自分よりも腕前が悪い人に聞いても時間の無駄になりかねません。

相手の実力がわかりやすい分野なら良いですが、客観的に計測できない技能の場合は、コーチングしてもらう人を選ぶのは難しいです。

良い指導者を見つけたら、自分の心理的盲点になっている部分についてアドバイスをもらいます。

言語の情報だけでは、学習者自身には盲点になっているので、正しく理解できません。

そのアドバイスを理解すは実践的な場面でアドバイスをもらう必要があります。

自転車を楽にはやく進む、こぎかたをアドバイスしてもらっても、自転車に乗ったことがない人からするとちんぷんかんぷんで中々イメージできなあと思います。

そのため、自転車に乗りながら、その人の感覚とともにアドバイスをもらう必要があります。

よいプレーができた直後によかった、あるいはうまくできていないプレーをした直後にアドバイスを受けれる環境が好ましいです。

しっかりと指導者を見つけることができた後の、良いか悪いかは自分よりも指導者の方がわかってることが多いので。

他にもスコトーマを外すには、どんな時に人はエラーを起こすのかを知っておくと良いです。

スコトーマを知れば知るほど、盲点が減っていきますので、それだけスコトーマを外すのに効果があります。

他にもスコトーマを外すには、スコトーマを外したい分野で可能な全ての失敗を経験することが大切です。

多くの失敗を修正した分それだけ、その分野で性格なプレーやイメージができるようになり、上級者にはきづけるが初心者には気づかないスコトーマを減らすことができます。

動機付けも大切です。

ある分野でのスキルや技能を高めるためにスコトーマを減らすにはそれだけ多くの試行錯誤が必要になってきます。

そのため、強い動機付け・やる気が欠かせません。

抗い難い目標や手本、かんきょうを整えることが重要です。

真に達成したい目標があればどんな困難でも耐えることができます。

最高に必須な自制することもできるようになります。

精神的にも技能でも優れたメンターやコーチをつけることも大事になってきます。

他にも、周囲の環境も重要で、周りがレベルが高いほどそれどけ自分のレベルも引き上げてくれます。

周りが異常なほど勤勉なら自分もそれくらいやるのが普通になるからです。

そうやって普通の水準を引き上げるのもとても大切です。

スコトーマを外すと正確な認識に

スコトーマを完全に外すことは脳の性質上でおそらくできませんが、スコトーマを外すほど認識は正確になっていきます。

なぜなら、錯覚を矯正していくようなものだからです。

錯覚系の画像を見たことがある人なら、本当は同じ長さの線も違うように見えたりします。

これは知識として知っておけば、この二つの線は自分の目には違う長さに見えているのにもかかわらず、二つの線が同じ長さだと判断することができるようになります。

つまり、より正確に認識することができるようになります。

認識が正しくなれば、間違った判断をする可能性を減らすことができます。

 

その他
スポンサーリンク
ohをフォローする
o-and-h.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました