【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

トランプの神経衰弱のコツは?必勝法を紹介!

トランプの神経衰弱のコツは?必勝法を紹介!

神経衰弱に必勝法ってあるの?

あります!

記憶力の良い人が勝つだけでしょ?

そうです!

コツをつかめば記憶力が100倍くらいに向上するので、神経衰弱で勝つことができます。

まず、やってはいけない方法ですが、繰り返し唱えながら覚えようとすることです。

これで覚えられるトランプはせいぜい5〜7個程度だと思います。

ではどうするかといえば、イメージを利用します。

①1〜13のイメージを4つずつ作ります。
②そのイメージを場所に配置していきます。
③これで、全てのカードを覚えられます。

もう少し具体的に話していきます。

①数字のイメージづくり

まず、①数字のイメージを四つずつ作るんですね。

例えば、1なら木の棒に似てるから棒のイメージします。

次は1から想起できるイメージを考えてみましょう。

あなたのことを想っている(一)途な女の子とかはどうでしょう。

3つ目は、徒競走で一位でゴールしている姿なんかもいいかもしれません。

このイメージ選びですが、あなたが思い付いたものを選ぶと良いです。

なぜなら、自分でパッと思いつくイメージは親和性があり、簡単に思い出しやすいことが多いからです。

もし、一位のゴールテープよりも、優勝トロフィーが思い浮かぶなら、トロフィーを採用します。

このようにして、数字毎のイメージを決めます。

②場所にイメージをおく

つぎに②場所にイメージを置いていく段階です。

26個の場所を事前に作っておいた方がいいです。

例えば、

⑴自宅の玄関

⑵ピアノ

⑶リビングのソファー

⑷書斎の本棚

こんな感じで26こ場所を決めます。

その場所に、さっき決めたイメージを置いていくことで記憶できます。

例えば、リビングのソファーに木の棒が散らかっていて、その散らかった棒を片付けている一途な女の子を想像します。

これで2つのイメージを繰り返すことなく記憶できるようになります。

最後に、トランプの配置が綺麗に4行13列に並んでいるのなら、そのまま順番に覚えるといいです。

つまり2枚ずつ、26個の番号を振るだけです。

左上からトランプの一枚目の2枚目を一つ目の場所において、3枚目と4枚目を二つ目の場所において、、、51枚めと52枚目を26番目の場所におきます。

これで全てのトランプを暗記できます。

トランプがデタラメに並んでいる時は、番号を振るのが少し大変になります。

そんな時は4分割して、振り分ける方がいいかもしれません。

左上の14個は場所1〜7に配置して、右上の14個は場所8〜14に配置して、、、という形です。

これが神経衰弱で勝つコツです!

神経衰弱中にトランプを全て暗記できる人はなかなかいないので、このコツを身につけられば神経衰弱で負けることはまずないですね。

このコツを去ってしまったあなたは、仲間うちから尋常ならざる記憶力の持ち主だと評され、今後は神経衰弱に誘われることはなくなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました