ハイパーインフレーションの3話のあらすじと感想

ハイパーインフレーションの3話のあらすじと感想を。

ハイパーインフレーション3話の感想とあらすじ(ネタバレ注意

3話はオークションの続きから始まります。

おさらいをしておくと、主人公ルークの姉のハルをルークのお金を生み出す能力で取り戻そうと奮闘しています。

この力には副作用があるのが3話でわかります。

お金を体から出しすぎると体がだるくなったり、しかし頭はクリアになるらしい。

落札に成功したルークだったが、落札した姉は人形にされていた。

むごい。

だが、本当に姉の皮を使って再現してない可能性もあるようです。

後の方で、姉が生きてる説が濃厚だと予想します。

いや、生きてるぽいです。

そして、偽札だったこともハル姉を落札した直後に見破られてしまう。

ルークは12歳とは思えないほどに賢く、計算された立ち回りを見せます。

反乱を策略していたことが後にわかります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました