ハイパーインフレーション1話の感想

ハイパーインフレーションの動画がTikTokで流れてきて、何か惹かれるものがあったので、漫画の1話を読もうと思いました。

そして、1話を読んだらかなり面白かったので感想を。

ネタバレ注意です。

ハイパーインフレーション1話の感想

特に個人的に感動したのは、神がいるんですが、その神が子供たち皆に絶大な力を与えているそう。

それは生殖能力であり、自分が死んでも後も遺伝情報を後世に伝えることができると。

意識や肉体は滅びるが遺伝情報は永続する。

支配者層はこれまで、この根源的な絶対な力を利用してきた。

たしかに子孫を残すことは素晴らしい能力であり、生命としての役割、存在意義のようなところがあると思い感動しました。

もう一つ、子孫は残すことだけでなく、人と強く繋がりたいという根源的な欲求があると、その神はいいます。

これも個人的にはすごく良かった点です。

だが主人公はさらに強欲で、子孫を残す能力だけでは満足しない。

200年に一人ほどの主人公のような特別強欲なものだけに与えられる力がある。

生殖能力と引き換えに与えられた主人公が求めている絶大な力はなにかについては本編を見ていただくとして、とにかく1話を見た感想はかなり面白かったです。

見ようか迷っている方は一度、見てみることを強くすすめます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました