ハイパーインフレーション2話の感想

ハイパーインフレーション2話の感想とあらすじ(ネタバレ注意

1話で主人公のルークは本物そっくりの帝国の紙幣を無尽蔵に生み出す能力を手に入れた。

この帝国の紙幣のベルク札を無限に生み出す絶対な力には欠点があり、それはすべて偽札であること。

しかし、かなり詳しく調べない限り偽札と見破られることはないほどに精巧な作りになっている。

2話ではルークたちが囚われており、なんとかしてその場を脱出し、オークションに間に合わなけれならない。

オークションでは姉のハル姉が出品されることになっているので、主人公ルークの手でなんとしても買収しなければならない。

ルークはなんとかオークションに突入し、参加して、オークションが盛り上がりを見せる。

ルークがあまりに高値をつけるため、異変を感じたオークション参加者の一人が、偽札かどうかを審査することになる。

そこで偽札が見破られるのか。

ここまでが2話のあらすじの概要です。

続きが気になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました