【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

マーケティングとコンサルの違いは?

マーケティングとコンサルの違いについて説明します。

マーケティングとコンサルは全く別の概念です。

マーケティングとコンサルの違いとは?

コンサルティングは依頼主の問題を解決することです。

マーケティングの定義は様々で、人によって異なるのですが、ものやサービスを売る時に関わること全般をマーケティングとよく言います。

なので、コンサルを受けて、その解決法として、マーケティングを強くしましょうと、アドバイスを受ける可能性があります。

つまり、もっとあなたの商品やサービスが売れるように改善していきましょうということです。

マーケティングはうること全般に関わると言いましたが、顧客の問題解決をマーケティングという方もいます。

もし顧客の問題解決をマーケティングと定義するなら、マーケティングとコンサルはほとんど同じ意味です。

痩せたいという問題に対して、ダイエットジムやダイエットサプリなどで痩せようという解決策があります。

この場合は、顧客の問題、つまり太っていることを解決することがマーケティングなので、ダイエットサプリなどで痩せた状態を実現することがマーケティングです。

このサプリを飲んだら良いですよ、とコンサルを受けたのであれば、コンサルとは顧客の問題解決なので、サプリで痩せるのを実現することがコンサルにもなります。

つまり、顧客の問題解決=マーケティングとすると、コンサルとマーケティングは同じ意味だということでした。

マーケティングは売るための施策全てのことを言うこともあります。

その場合は、広告を打つこともマーケティングですし、商品やサービスを提供することも、企画等もマーケティングになります。

以上、マーケティングとコンサルの違いについてお伝えしました。

マーケティングの定義が曖昧なので、同じ意味の場合もあれば、そうでない場合もあるというのが結論です。

 

 

仕事
スポンサーリンク
ohをフォローする
o-and-h.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました