【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

マーケティングに向いていない人とは?

マーケティングに向いていない人の特徴をお伝えします。

実は陽気でコミュ力が高い人はマーケティング向いているとは言えません。

ではマーケティング向いている人の特徴を見ていきましょう。

マーケティングに向いていない人の特徴

マーケティングに向いていない人の特徴と一つ目として挙げられるのは、非常に外向的な人と非常に内向的な人は営業成績が奮わない傾向にあります。

心理学の実験でわかったことなんですが、実は、外向的でもなく、内向的でもない人の方が営業成績が良いようです。

最も内向的な人というのは、簡単に言えば、無口で物静かな人のことです。

逆に、最も外向的な人は、陽気で、自己主張が強い人のことです。

一見、外向的な人はマーケターとして優秀だと見られがちです。

しかし、結果は両口型の人が最も営業成績が良かったとのことです。

人には外向的な人と内向的な人が2種類存在するわけではなく、かなり外向的な人、少し外向的な人、外向的でも内向的でもない人、少し内向的な人、超内向的な人、のように連続的です。

内向的でも外向的でもない人のことを両口型というわけです。

彼らが営業成績が最も高かったため、最もマーケティングに向いていると言えそうです。

マーケティングに向いていない人の特徴の二つ目は不安を感じやすく、ネガティブな思考が強い人です。

つまり、相手がどう思うかを考えるばかりで、強く売り込むことができません。

売ろうとしなければ、相手に商品やサービスを購入してもらえる可能性が下がります。

また、ネガティブに考えすぎると、腰が重くなりがちで、先延ばししやすくなります。

先のばしした分、自分の成長が遅くなるので、マーケティングに向かない性格だと言えます。

とはいえ、繊細さは利点として捉えることができます。

対面では販売が苦手かもしれませんが、文章なら成功するかもしれません。

また、繊細であるということは、相手の気持ちを察する能力が高いといえます。

鈍感な人はそもそも、相手に配慮しないからです。

配慮しない理由は単純で、鈍感な人は小さな変化に気づくことはほとんとないからです。

つまり、相手の気持ちを理解しやすい分、セールスライティングでは本領を発揮できるかもしれません。

ものを売ることとは、いわばコミュニケーションであり、相手の欲求に気付いて、それに対する解決策を提示することだからです。

というわけで、神経質で繊細な人は対面でのマーケティングには向いていないかもしれませんが、文章を使ったマーケティングには向いているということをお伝えしてきました。

マーケティングに向いていない人の特徴の三つ目は、数字が弱い人です。

マーケティングのさまざまな場面で数字に向き合う必要が出てきます。

高度な数学を必要とすることはありませんが、お金の管理や、成約率を改善するために、計算できる程度に数字に強いことが、マーケティングにプラスに働くと思います。

とはいえ、数字が強すぎるロジカルな人は、共感するのが苦手な人が多いです。

セールスの場面では、人の心を動かす共感能力が大切です。

なので、数字が読めなくても、読者を魅了するようなセールスレターがかかる人は、マーケティングに向いている可能性が高いです。

マーケティング向いていない人 まとめ

以上マーケティングに向いている人、向いていない人の特徴をお伝えしてきました。

一つ目が外向的でも内向的でもない人がマーケティングに向いている傾向にあるということです。

二つ目が繊細すぎて行動できない人は向いていないかもしれない点です。

しかし、繊細な人は文章を使ったセールスでは本領を発揮できるかもしれないという点をお伝えしました。

三つ目が数字がある程度読める方がマーケティングに向いているという点です。

マーケティングに向いてる特徴が今なくても、磨くことは十分可能なので、マーケティングの力を高めたい人は諦める必要は全くありません。

マーケティングに向いている人はさらに磨きをかけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました