マーケティングのターゲット分類

マーケティングのターゲットの分類方法には様々なものがあります。

なぜターゲットを分類する必要があるかと言えば、広告のメッセージの焦点がぼやけてサービスが売れなくなるからです。

なぜ売れなくなるかと言えば、ターゲットによって魅力を感じる訴求が異なるからです。

20代の女性の主要な悩みと50代男性の悩みが同じでないことは容易に想像できると思います。

20代の女性が頭の怪我薄くなってきているのが深刻な悩みだという可能性は限りなく低いでしょう。

このようにターゲットを分類することで、とんちんかんな訴求をすることがなくなるので、誰にも売れない商品になりにくくなります。

ではどのようにターゲットを分類したら良いのでしょう。

ターゲットの分類方法

よく使用される分類方法の一つにメリットで分類する方法があります。

あなたの商品のもつ多くの利点の中で一つに絞り、そのメリットを良いと思ってくれる人をターゲットにする分類方法です。

例えば、あるガムは眠気が取れるから好んでる人もいれば、口臭予防としていいと感じている購入者の方もいるかもしれません。

この二つのメリットのうち一つに絞ることがメリットでターゲットを分類する方法です。

これをベネフィットセグメンテーションと言います。

他には、年齢や性別、価値観、出身地、子供がいるかなどをもとに分類するのが主流かもしれません。

これらを明確にすればするほど、ターゲットにとっては魅力を感じる広告メッセージや商品になりやすくなります。

年齢と性別だけでは弱いことが多いです。

それだけではまだターゲットの幅が広いので、ぼやけてる広告になりがちです。

一人の人をイメージすることでそうしたターゲットに刺さる商品作りにつながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました