【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

依存体質を抜け出すにはどうすれば?診断のサイトや治し方、原因や特徴を紹介!

「自分って、依存体質なのかも・・・」

こう思ったことはありませんか?

人はいろいろなものに、依存的になってしまうことがあります。

それは、人に対してのみならず、恋愛などに依存することやお酒、ゲームやSNSに依存してしまうことなどいろいろなものがあげられます。

自分がもし依存体質なのかもしれないと思った方や、依存体質から抜け出したいと思った方のために

ここでは、依存してしまう人の特徴やその原因、抜け出すにはどうすればいいか、そして自分がどの程度依存してしまうのかを知りたい方は、診断サイトも紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください!

依存体質ってなに?

まず、依存体質ってどういうことなのでしょうか。

依存の中でも、まるで症状があるように言われる依存症がありますが、これは「特定のなにかに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になること」と厚生労働省によっていわれています。

つまり、依存とは「そのものなくしては生きていけない」というような状態のことですね。

そこで、依存の対象が人であった場合、要するに自分が誰かに依存している場合は、その人に責任をなすりつけたり、その人任せで生きているような状態のことですね。

それが、無意識に行われている状態が依存体質というわけです。

次に、依存体質の人の具体的な特徴についてみていきましょう。

依存体質の人の特徴は?

依存体質の特徴の簡単な例として、まず恋愛があげられます。

恋愛での依存

これは、実際は自分が彼氏に依存しているのに、依存していることに気づいていない人もいます。

もし、自分が依存体質かどうかわからないという方は、

「彼氏がいないと自分に自信がなくなって毎日がつまらなく感じる」

「誰かと連絡が取れていたい。でないと不安。。」

などと感じたりしていませんか?

もし、思っているのであればそれは依存し始めていたり、絶賛依存中ということになります。

職場での依存

これも気付きにくいのですが、自分以外の人に気を使っている人は、依存しがちな傾向があります。

気を使いすぎる人

寂しがりで、常にだれかと行動しないと不安な人

承認欲求が強い人

気持ちの上下が激しい人

などは、特に依存体質の特徴ですね。

これは、職場などではかなりの可能性で依存体質になってしまいがちになります。

その他の依存

そのほかに、職場や恋愛に関係なく考え方に依存しがちな特徴がいくつか含まれています。

相手にどう思われているかを気にしてしまう

依存体質な人であればあるほど、自分が相手にどう思われているかを常に気にしてしまいます。

ぎゃくに、気にしていない人を考えてみればわかりやすいのですが、相手にどう思われているかを気にしてしまう人は、相手の存在を前提としています。

気にしていない人は、相手がいてもいなくてもあまり関係ないですからね。

つまり、相手の反応を気にしてしまうためいざというタイミングで依存体質が出てきてしまいます。

失敗するのが怖い

失敗が怖いひとは、行動に移すのが苦手です。

行動できないのは、自分以外の誰かに頼ってしまっているからなんです。

つまり、依存体質の人はそういう意味で誰かに依存してしまっているのですね。

いつも不安を感じている

依存体質であればあるほど、不安を感じる頻度や強さが増していきます。

つまり、不安な感情が増えれば増えるほどその不安な感情を埋めるために何かに依存してしまうということになります。

これは、その場しのぎの対処療法でしかなく、依存する何かがないと以前より不安が増していく負の連鎖につながっていくというわけです。

誰かに依存してしまう原因は?

上では、依存体質の人の主な特徴を述べましたが、それと関連してなにが原因で依存してしまうのでしょうか。

ここでは、自分が誰かに依存してしまう原因をいくつか紹介します。

自己肯定感が低い

これは、考えてみれば当たり前のことだと気づくことができます。

自分に自信がないため、生きる意味を感じないような自己肯定感が低いと、自分の存在意義を自分で決めることができません。

それを、自分以外のほかの人にゆだねてしまうことになります。

このように、自分で自分を認められないから他の人に依存してしまうようになるわけですね。

相手とのちょうどいい距離感がわからない

自分以外の人とのちょうどいい距離感を保てない人、保つのが苦手な人は依存してしまいがちで、かつ抜け出しにくい傾向にあります。

人とのちょうどいい距離感がわからず、相手と無理に近づいてしまい、相手もこちらのことを認めてくれるよね?と勝手な思考をしてしまうといったことがあります。

相手と適切な距離感がないと自分と相手の区別がしっかりできなくなり、自分ってなんなんだろう?と考え込んでしまうことにつながります。

これも一つの原因ですね。

すぐ人に頼ってしまう

なにかあったら自分以外の誰かにすぐ頼ってしまうような癖がついている人は、依存してしまいがちです。

常に、誰かがそばにいた方はこういう傾向があるのですが、なにかに頼ってしまうことは依存してしまっていることの他の何物でもないということですね。

これも大きな依存体質の人の原因の一つです。

依存体質を抜け出すには?治し方は?

上では、自分が依存してしまう主な原因を上げていきました。

特徴や原因を見て、自分が依存体質だと気づいていなかった人ははっとさせられたかもしれませんね。

私自身も、自分が依存体質であるということにもともと全く気付いていなかったので、共感できます。

それでは、依存体質を抜け出すにはどうすればいいのでしょうか?

やはり、上のような原因を絶やすことができれば依存体質を改善していけそうな気がしますよね。

ここでは、自分が依存体質から抜け出すためにどうすればいいのかを紹介していきます。

自己肯定感を高める

やはり、自分のことを一人の人間だと、自分以外の他の人と同じだと認め、自己肯定感を高めていくことができれば、おのずと人に依存しなくなっていきます。

それでは、具体的になにをすれば自己肯定感が高められるのでしょうか。

小さい成功を何度も体験する

自己肯定感を高めるには、これがかなり有効でハードルも低いと思われます。

自分が特にそうだったのですが、自分以外の人のちょっとした成功でもすごいと思ったりするのに、自分の小さな成功にはこれくらいできて当たり前だとか、まったく見向きをしないなどと、

自分の成功を認めることができていませんでした。

つまり、自分の生活をもうすこし観察し小さな成功体験でもいいのでそのたびに認めてあげると、塵も積もれば山となるとあるように、自分を十分に認めることができ、

自己肯定感を高めることができるようになります。

一人で行動するようにしてみる

今までは、どんな場面とでも誰かと一緒にいないと落ち着けなかったという方に特に有効なのですが、一人で行動することを心掛けるようにしてみるということです。

これを、絶対一人で行動するんだと決めつける必要はないのですが、(それだと友好関係が危うくなる可能性があるので)一人でできるとおもったことは、積極的に一人でやってみるようにしましょう。

それがあまりわからない、ぴんと来ないという人は一人で出かけてみることがおすすめです。

そうやって一人の時間、特に周りに他の人がいるなかで一人の時間というのを作ってあげることで、自分としっかり向き合えますし、その上、決断を他人に任せることができないので、自分で決断するという癖がつきます。

ぜひ、試してみてください。

やったことないものにチャレンジしてみる

これは、自分の価値観を広げるということに関与します。

新しいことにチャレンジすることで新しい価値観や考え方を身に着けることができると、自分が行き詰ったときの選択枝が増えます。

つまり、なにか問題を解決する際に誰かに頼るのではなく、自分で考える幅が広がるということです。

これも、自分が依存体質から抜け出す一つの方法です。

依存しているものから離れる

これも、直接的な解決法でかなり有効な手段の一つです。

依存してしまうのであれば、その原因を断ってしまえばいいというわけで、依存しているそのものや人から距離をおいてしまえば依存することはなくなります。

一人で行動してみるということにも共通した理由で、頼るものがなくなれば自分でどうにかしようとします。

すると、おのずと自分で行動できるようになり、依存体質から抜け出すことができるようになってきます。

以上のように、自分が依存体質だった場合にどうやって抜け出せばいいのかを見ていきました。

これら一つ一つはかなり有効な手段なので、ぜひ実践してみて依存体質を改善できたらいいですね!

自分が依存体質なのか診断したいときは?

上で話したような特徴や原因などを読んでみても、自分が依存しているかわからないという方、

自分がどれくらい依存しやすい体質なのか知りたい方は、

依存体質診断ができるサイトがいかにありますので、ぜひ試してみてください!!

他人への依存度チェック Test.jp

 

未分類
スポンサーリンク
ohをフォローする
o-and-h.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました