共感疲労の対策方法はある?対処法を紹介!

共感疲労とは、誰かに対する共感や思いやりの気持ちによって、疲弊してしまうことをいいます。

つまり、共感疲労とはあわれみ疲れのことです。

共感疲労の対策をお伝えしていきます。

共感疲労の対策 ネガティブなものを避ける

共感疲労は、ネガティブな出来事に共感してしまうことで自分自身も疲弊してしまいます。

共感疲労を軽減するには、そうした出来事に触れる機会を減らすのが大切です。

暗いニュースを見る頻度を減らしたり、暴言やネガティブなことしか話さない人物と距離を置くなどすることで、共感疲労を抑制できると考えられます。

完全に接触を断つことは出来ないかもしれませんが、意識的にそうした悲しいニュース等を見る機会を減らすことで、疲れにくくなります。

共感疲労の対策 感情を文章化する

自分の感じていることを文章化してみると、感情が安定してきます。

誰にも見られない自分だけのノートや、iPhoneのメモなどに現在感じている気持ちを綴ってみましょう。

書いてみることで、自分でも気づかなかった気持ちに気づけることもあります。

何より、頭の中だけで考えるよりも、書き出すことで見晴らしが良くなり、必要以上に頭に負荷をかけずに済みます。

というわけで、共感疲労の対処法として、文章化することもおすすめの方法です。

共感疲労の対策 瞑想

瞑想が不安を和らげることはよく知られています。

共感疲労に対しても、効果があると個人的には思います。

瞑想を習慣化することで、深い自己認識を身につけることができます。

そのおかげで以前よりも、感情に圧倒されることが少なくなります。

そういうわけで、瞑想も共感疲労の対処法としておすすめの方法です。

共感疲労の対策 好きなことをする

好きな何かに没頭し、むちゅうになっているときは、悩みが頭の中からなくなります。

そのため、何か趣味やスポーツや好きなことに没頭することで、必要以上に不安を感じることが少なくなります。

というわけで、共感疲労の対策として、何かに没頭することは意味があると思います。

本が好きな人は読書をしてみたり、瞑想に没頭できる人は瞑想をしたみたり、ペットと戯れてみたり、気の許せる友人にあってみたりしてみましょう。

共感疲労の対策 睡眠や食事等

バランスの取れた食事を取るだけで体調は大きく変わります。

体調が良ければ、多少のストレスをものともしなくなります。

同じように睡眠も体調に大きな影響を与えます。

したがって、十分な睡眠が取れていないのであれば、質の良い睡眠を取るだけでも、共感疲労の対処法として役に立つと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました