【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

友達付き合いが面倒だし苦手。楽に付き合うための対処法は?

友達付き合いが面倒になってきた。

良い対処法は?

楽に友達付き合いができるようになるにはどうしたらいいの?

この悩みを解決していきましょう。

友達付き合いが面倒なのはどんな人?

多くのコミュニティに参加していたり、今までの付き合いが何年もつみ重なると、関わる人の数が増え、友達付き合いが面倒に感じることがあります。

そのような人の特徴としてまず、交友関係が狭く深いタイプの人が多いと思います。

このタイプの人は浅く広い関係を維持するのはストレスを感じやすいです。

もともとたくさんの知り合いを持つのが苦手なので、自分が付き合える人数を超えると負担に感じるようになります。

そのため、無理に関係を維持しようとしないで、自然に付き合える人とだけ付き合うように、少しずつ会う人を減らすのも良い対処法です。

また、このような人は一緒にいて居心地の良くない相手といるのも負担になりがちなので、無理に合わない人と合わなくていいです。

自分にとって大事な人と深く付き合えるのが良いところなんです。

なので、一度友達を見直してみましょう。

生活が仕事の環境で付き合う人が変わると、以前は楽しかった友達でも、話が合わなくなり、つまらないと感じることもあるあるです。

なので会う時間を減らしたりして無理のない距離を保つのも良い対処法です。

断るのが苦手なタイプの人も友達付き合いが負担に感じやすいです。

そのため、嫌な時は嫌だと言ってみると少し楽になります。

他人に合わせるのが楽な時もありますが、正直に付き合う方がもっと楽になれます。

正直に付き合ってもうまくいかない人のは疲れやすいので疎遠になってもいいと思います。

友達付き合い苦手を減らす方法①正直に付き合う

無理に話の合わない人と付き合わなくてもよくて、なるべく自然体で自分に正直につきあうことが良い解決方法です。

正直な話ができてこそ、友達としてより良い関係が築けていると言えるのではないでしょうか。

初めのうちはこんなこと言ってもいいのかな、嫌われないかなと躊躇してしまいがちですが、勇気を出していってみましょう。

中にはそれで疎遠になる人も出てくると思いますが、正直なことをいってより深い関係になれる友達も出てきます。

それでこそお互いをより信頼でき、リラックスして話せる友達ができるようになります。

友達付き合い苦手を減らす方法②深い話をしてみる

自分のことを話すのは苦手なんだと思います。

しかし、当たり障りのない表面上の会話ばかりしていても、仲良くなるのに時間がかかります。

よい人間関係を育むには深い話をしてみると効果的です。

例えば、自分がどんな時に喜びや悲しみ、怒りを感じるのかを話したり、今自分が克服したい問題は何なのかなどについてです。

より深い話をすることで、相手から見ると、あなたがどんな人なのかがより分かりますし、相手ももっと自己開示したくなります。

その中で、一緒にいて居心地の良い相手なのかそうでないのかがわかるようになります。

こういう手順を踏むことで、合う人とは友達付き合いがより深く、そして楽になるように思います。

友達付き合い苦手を減らす方法③嫌われる勇気を持つ

一時期ベストセラーになった本の題名みたいですが、嫌われる勇気を持ちましょう。

嫌われないような無難な態度や、本心を言わないで友達付き合いを続けていると、たしかに派手に嫌われることはないかもしれませんが、深く好意を抱いてくれる人もあまりいなくなります。

けれど嫌われてもいいと思えると、本心で話せますし、本心で話すことで同じような価値観の人にはかなり好かれます。

この方が実りある友達付き合いができるようになると思いますし、友達付き合いが苦手だという悩みも大きく減らすことができると思います。

友達付き合い苦手を減らす方法④興味を持つ

誰しも興味を持ってくれると嬉しいです。

なので、相手の話に興味を持つのも、友達と良い関係を築くには大切です。

興味ないものに興味を持つのは疲れますので、お互い同じようなものに興味を持てる友達ができるとストレスフリーになります。

そのためには自己開示したり、自然体でいても、居心地の良い人を見つける必要があります。

人自体に興味を持つのも良いです。

そうすれば多くの人とも興味を持って接することができるようになります。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました