【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

地震保険はどのように査定される?必要なの?おすすめの地震保険や、家財やマンション、そして支払われ方まで徹底解説!

最近では、地震がよくささやかれる時代となってきていますね。

南海トラフ巨大地震や、首都直下地震など、、

その中で、やはり気になるのは、地震保険についてですね。

今回は、地震保険の査定がどうやってなされるのか、そしておすすめの地震保険、

家財やマンションの地震保険と、その必要性。

そして支払われ方まで、解説していきます。

地震保険はどうやって査定される?

地震保険について、まず、気になるのはその査定方法だと思われます。

ここでは、査定がどのようにされるのかを説明するとともに、建物や、家財、そしてマンションなどの査定基準など、次で触れるものについても簡単にまとめます。

まず、住宅が地震による被害を受けてしまった場合、どういった基準によって補償されるのでしょうか。

地震保険は、損害をどの程度受けたのかによって、「全損」「大半損」「小半損」「一部損」の4通りに分けられます。

それらのどの段階の損害なのかを、認定された後、それにしたがって保険金が支払われることになります。

この4通りという、損害の基準は、別の会社に契約したからといって変わるわけではありません。

これは、原則すべての会社の基準とされています。

次に、認定の損害基準と、保険金支払額について、それぞれみていきましょう。

全損

損害基準として、「主要構造部の被害額が建物の時価50%以上」

「焼失または流出した床面積が建物の延床面積の70%以上」

と設けられています。

この時の保険金支払額は、「建物の地震保険の保険金額の100%(時価額が限度)」とされています。

大半損

損害基準として、「主要構造部の損害額が建物の時価の40%以上50%未満」

「焼失または流出した床面積が建物の延床面積の50%以上70%未満」

と設けられています。保険金支払額は、

「建物の地震保険の保険金額の60%(時価額の60%が限度)」

のようになっています。

小半損

損害基準として、「主要構造部の損害額が建物の時価の20%以上40%未満」

「焼失または流出した床面積が建物の延床面積の20%以上50%未満」

と設けられています。保険金支払額は、

「建物の地震保険の保険金額の30%(時価額の30%が限度)」

となっています。

一部損

損害基準として、「主要構造部の損害額が建物の時価の3%以上20%未満」

「建物が床上浸水または地盤面より45㎝を超える浸水を受け、損害が生じた場合で全損・大半損・小半損に至らないとき」

と設けられています。保険金支払額は、

「建物の地震保険の保険金額の5%(時価額の5%が限度)」

となっています。

建物においては、以上のような、損害基準と、保険金支払額が設定されています。

ここでの主要構造部とは、土台、柱、壁、屋根などの構造耐力上主要な部分のことを言います。

2項目あとの、家財の地震保険について述べる際に、家財についてはまとめます。

おすすめの地震保険

おすすめの地震保険、といったもののそれ自体が間違いなのです。

といわれても、何を言ってるかわからない方のために、地震保険というのは、上で話した通り基準が設けられています。

これは、公共性の高い保険であり、どこの保険会社に加入してもその保険料や補償内容などがきめられているため、さがないからですね。

なぜ、公共で行われているのかというと、それは保険金が多額であるため、民間の保険会社だけでは引き受けることができないことがあると考えられるからになります。

それでは、どこにでも入っていいのかということになりますが、そうなりますね。

しかし、火災保険に限っては、保険料、特約に関して会社ごとに違いがあります。

すなわち、火災保険を探せばいいということになりますが、過再見積もりというのがインターネットのサービスで無料で受けられますので、

それをお試しください。例えば、こちらでも可能です。

保険の窓口インズウェブ:火災保険一括見積もり依頼

気になる家財の地震保険は?

家財については、建物と比較すると、4通りに分けられ、それらの保険金支払額については同じになりますが、損害基準は少し異なります。

なので、損害基準についてのみ述べますが、以下のようになります。

全損

「損害額が家財全体の時価の80%以上」

大半損

「損害額が家財全体の時価の60%以上80%未満」

小半損

「損害額が家財全体の時価の30%以上60%未満」

一部損

「損害額が家財全体の時価の10%以上30%未満」

マンションでの地震保険について(加入の必要性など)

マンションについては、マンションに住んでいる側として、地震保険に加入する場合は、

「建物の専有部分」、「家財」を補償対象とされることになります。

つまり、共有の場所などは、管理人の保険になることになりますね。

マンションだからと言って、今まで話した、建物、家財の基準と違うのか気になると思いますが、

実は、そうではなく、建物、家財の査定基準は、戸建て住宅となんら変わりません。

地震保険金はどのように支払われるか

地震保険金がどのように支払われるかについては、上記の基準に従って支払われることになります。

しかし、損害の程度が一部損にも満たないときは、保険金が支払われることがないということに注意が必要です。

また、「全損」と認定されても、そのあとに、別の地震による被害が発生した場合は、それに関しては、補償されないので注意が必要ですね。

保険
スポンサーリンク
ohをフォローする
o-and-h.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました