才能がないやつはいくら努力しても成功しない

才能がないやつはいくら努力しても成功しない、というのは事実なんでしょうか。

何を成功とするかで変わってくると思います。

そのため、成功の範囲を限りなく狭まると、才能がなければいくら努力しても成功しません。

成功をすこし緩めるならば、才能がなくても、努力次第で成功することができると思います。

才能がなければ成功しない分野は、例えば限りなく競争が激しい分野です。

世界記録を更新することを成功だとすれば、これには才能がない人がどんなに努力をしたところで届かないのではないでしょうか。

実際、100メートルの世界記録に日本人が到達できるようにはなかなか思えないからです。

中国のそへいてん選手がアジア記録を更新し、9.83という異次元の記録を出しましたが、ジャマイカの選手にはまだ差があります。

アジア記録を更新するには途方もない努力と才能が必要です。

それなのに、スポーツが苦手で学校の50メートル走がいつも平均レベルだったのに、100mで世界記録を更新するのは不可能ではないかと思います。

というわけで、限りなく競争率が激しい分野で、厳密に数字で勝者が分かれるような競技では才能がないと成功は不可能に見えます。

とはいえ、成長の範囲を緩めると成功するには努力が不要に見えるような分野もあります。

たとえぼ、宝くじで大金を手に入れるには努力は必要ありません。

宝くじで当選するために、激しい厳しいトレーニングを積んだり、神様にお祈りしても当選する確率は上がりません。

つまり、宝くじで数億円を手にすることを成功だとすれば、努力は関係なく、運が良い人が成功します。

また、学校の成績で上位10%にはいるのにも、それほど才能を必要としないと思います。

学業成績は遺伝と環境の影響は大体50%ずつです。

平均レベルの成績の人が他の人よりも正しい努力を長時間できれば、上位10%にはいることは難しくありません。

このように、才能がないやつはいくら努力しても成功できないかといえば、一概にそうともいえないと思います。

何を成功とするかによって、変わってくるからです。

自分が幸福であることを成功だとすれば、能力はなくとも幸福を感じることができる人もいると思います。

自分の人生の価値が能力とは関係ないところに有れば、幸せだと感じられると思うからです。

結局は最高の定義次第で変わってきます。

したがって、自分にとっての成功を見つめ直すことが重要かも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました