才能がない人の特徴

誰しも羨むような能力を発揮している人を見ると、人とは違う才能を持っていたからだ、と思いがちです。

そんなことができるのは才能を持った天才だからなのでしょうか。

今日は、才能がない人には特徴があるのかについてお伝えします。

才能がない人の特徴 努力ができない

どんな才能も育まなければ、実を結ぶことはありません。

なので、長期にわたって努力を続けなければ才能を最大限に伸ばすことが難しくなります。

したがって、才能を活かせない人の特徴として、継続的な努力ができない点が挙げられると思います。

本人がそれを努力と感じているかはわかりませんが、才能を活かすには自制が大切です。

天才的な能力を身につけるためには、たいていの場合、自分を限界まで追い込む事が必要になります。

辛い状態を作り出すことで、人の体は適応しようと、変化し始めるからです。

筋トレでも一定の重りをつけてスクワットをすれば、いずれ楽にその重さをこなせるようになります。

しかし、それ以上に能力を高めたいのなら、さらに強い負荷をかける必要があります。

大抵の人は人並みの実力で満足し、それ以上に技能を高められることを知りません。

才能がない人の特徴 挑戦的でない

挑戦的な人の方がより多くの経験を積めるなで、才能を育みやすいといえます。

一方、挑戦をしない人はその逆で、経験を積むスピードが遅くなります。

これと同じで、行動力がない人も経験を積む速度が遅くなるので、挑戦的な性格に変えていく必要があります。

性格は変わらないと思われるかもしれませんが、環境の影響もかなり大きいので、一般的な認識よりもおおきく変更が効きます。

また、性格を変えようとしなくとも、環境を変えることで、行動に大きな変化が見られます。

天才的な技能を身につけたいと考えている人はそれが可能な環境に身を置くことが大切です。

才能がない人の特徴 指導者がいない

技能や能力を高めるには、適切な指導者がいるに越したことはありません。

良い指導者は能力を効率的に伸ばす方法を心得ています。

なので、独学で取り組むよりもはるかに早く成果を出すことができます。

というわけで、才能をより効果的に伸ばすには、優れた指導者に指導を受ける必要があります。

才能がない人の特徴 失敗の捉え方

能力を効果的に高める人は、失敗の捉え方が常人とは異なります。

才能を伸ばす人は成長ができた事を成功とみなし、才能を伸ばしにくい人は一度のミスだけで失敗だと捉えます。

成長や新たな学びを成功と定義すれば、ミスは自分の成長を促す機会だと、好意的に捉えます。

一方、ミスしてはならないと考えている人は、ミスを避けようとします。

成長の機会を避けようとするので、才能を大きく開花させることが難しくなります。

才能を育むには失敗を歓迎する必要があります。

そして同じ失敗をしないように試行錯誤を繰り返すことで、技能を高めることができます。

天才といえども、人間である以上、この過程を飛ばすことはできません。

生まれた瞬間から超人的な能力を備えた人はいないわけです。

もし、うまれつきの天才がいるのなら、3歳のオリンピックの金メダリストや、3歳のプロのアーティストがいるはずです。

才能がない人の特徴 調和的

人に合わせて生きる人は創造性の欠けた人になりがちです。

並外れた創造力を持ったアーティストなど、斬新なアイデアを必要とする分野では、協調的な性格の人は向いていないかもしれません。

むしろ、非常識的なサイコパス傾向のある人の方がそういった分野で成功しやすいようです。

とはいえ、全ての分野で調和性が必要かと言わられれば疑問が残ります。

以上、才能を伸ばすのに大切なことをお伝えしてきました。

努力の天才という言葉があるように、いくら天才的な資質に恵まれていたとしても、努力し研ぎ澄ますことなしでは、天才的な能力は発揮されません。

それに輪をかけて大切なのが、自分の技能を高めることができる環境に身を置くことです。

環境の影響はバカにできませんので、良い指導者に優れた解決策を教わる環境や、正確なフィードバックを瞬時に得ることができる環境などを大切にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました