【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

直感と直観の違いをわかりやすく解説します。

直感と直観の違いをわかりやすく解説します。

直感と直観は同じような文脈で使われることも多く、混同しがちです。

直観と直感の意味に違いがあるのか調べてみました。

直感と直観の違いをわかりやすく解説

結論から言うと、直観と直感はほとんど同じ意味です。

なぜ、直感と直観が同じ意味なのか、それぞれの辞書の定義を見てみましょう。

直感とは?

デジタル大辞泉によると、直感とは「推理・考察などによるのではなく、感覚によって物事を捉えること」と定義されています。

別の辞書の日本国語大辞典によると、直感とは「説明や証明をまたないで、直ちに物事の真相を心で感じ取ること。直観」と定義されています。

直感の定義のなかに直観が出てきました。

なので、同じ意味だと考えて良さそうです。

一応、直観の意味も辞書で調べてみましょう。

直観とは?

goo辞書によると直観とは「哲学で、推理を用いず、直接に対象をとらえること」のようです。

またWikipediaによると、直観とは「知識の持ち主が熟知している知の領域で持つ、推論、類推など論理操作を差し挾まない直接的かつ即時的な認識の形式である」と記述されています。

というわけで、直感と直観は使われるタイミングで多少意味が変わることはあるかもしれませんが、同じ意味だと考えて良さそうです。

ここで間違いやすいのが、直観と本能を混同しがちな点です。

どちらも無意識的に答えを導き出せることがある点で共通していますが、本能には経験を必要としない点で両者は異なります。

たしかに、チェスで最善の一手を見つける場合、チェスの名人なら直観的に瞬時に答えを導けますが、チェスの未経験者が本能的にうつ一手はデタラメなことが容易に想像できます。

なので、本能と直観は同じでないことがわかります。

正確なフィードバックを通したトレーニングの経験を積まないと直観的に正しい判断はできません。

鋭い直観を身につけるには?

直観は瞬時に正確な判断ができる点で身につけたいと思う方も多いと思います。

直観的に正しい判断を瞬時に行うために大切なポイントを紹介します。

なぜ直感は論理性がなくとも正しい判断ができるのでしょうか?

それは膨大な量の正しいものとそうでないものに触れてきたからです。

つまり、何が正解で何が不正解かわからない練習をいくら積んでも正確な直観を身につけることはできません。

将棋なら正しい一手を直観的に見つけるには勝敗という明確な「正解」があるため、どんな手を打つとまずいのか、あるいはどんな手を打つと最善なのかが、正確なフィードバックのある練習を膨大な量、積むことでわかるようになります。

こんな手順を踏んでいるため、論理的なステップを踏むことなく、瞬間的にうまくいくケースが想起できるようになります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました