【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

自信とは?自信がない人の特徴や自信を持つ方法を紹介!自信過剰、自信の類義語や英語、いくつかの例文もまとめて紹介!

「自分に自信がない・・・」

「自信が持てない・・・」

このように、自信が持てないということは、人生の不安につながりますよね。

自信がないと、積極的に新しいことにチャレンジできずに、せっかくの機会を逃してしまうことが多くあります。

人前で話したいのに話せない、好きな人に気持ちを伝えられない、など自信がないことによってチャンスを逃してしまうと、後に残るのは、後悔のみです。

できることなら自信を持ちたいですよね。

そこで、今回は自信がない人の特徴や、その人が自信を持つ方法を紹介します。

自信とは?

まず、自信をつけるために自信とはいったいどういう意味なのか。何を持って自信というのかというのがわかる必要があります。

広辞苑第7班によると、自信は、「自分の能力や価値を確信すること。自分の正しさを信じて疑わない心」とあります。

しかし、今日何か目標などやるべきことに対して、具体的な成果が得られること期待できることに対して自信という言葉は使われます。

つまり、能力に対する自信として使われる事が多いですが、自分の正しさを信じることも自信というわけなのです。

また、それ以外に根拠のある自信と根拠のない自信という風に分けられます。

一見、根拠のない自信より根拠はあったほうがいいのではないかと思いますが、実は根拠のない自信を持てる人の方が上記の自分を信じるといった自信に対しては強いことの方が多いです。

それはなぜなのかですが、根拠のある自信は、例えば、年収千万だからという根拠のもとに自信がある人は、年収がそれ以上の人が周りにいる状態だと、持っていた自信が弱くなっていくことがわかります。

その勝負に負けることになるので、さらに過去の栄光に縋ろうとします。これが悪循環だということは目に見えますね。

つまり、根拠がある自信というものは、根拠というある程度絶対的な指標があるわけで、(年収や、学歴など)それには必ず上が存在するわけで自信をなくすという可能性が必ず存在しているということになります。

逆に、根拠のない自信は、自信が崩れるもとである根拠自体が存在していないので、その点で自信の無くしようがないわけです。

つまり、根拠のない自信を持てば自信を無くさないという観点ではいいのですが、これにはポジティブ思考が大きく関わっています。

根拠のない自信が持てるということは、今まで経験してきたこと全ていいことでも悪いことでもプラスになっているという考え方ができるということになります。

そういう点で、ネガティブ思考の人よりポジティブ思考の人の方が自信が持てることは分かりますね。

つまり、自信を持つためには、ポジティブになればいいのでしょうか。

自信がない人の特徴は?

自信を持つにはどうしたらいいのか、自信をいろんな自信にわけで上で説明してきましたが、ここでは逆に自信のない人の特徴をいくつかあげ、それを改善することから自信を持つためのヒントを得られるかもしれません。

また、これに当てはまっている方は、実は自信をあまり持てていなかったのかなどと、自分が自信があるかないかがわからないかたも診断できますので、ぜひ、見ていってください。

自分に厳しすぎる・完璧主義

自分に厳しすぎる人は、自信を失いがちです。

というのも、何かをやるときに基準が高いためほぼ達成していても、残りの達成していない部分にばっかり注意が向き、それができないことに対して、中途半端だとか、やっぱりできないとか思っちゃうんです。

つまり、理想をもちすぎているんですね。

何もかもが全て100%完璧にできる人なんていません。もし自分ができていたら自信がないことになんかまず悩んでいません。

つまり、これは根拠のある自信の部類に入ると思うのですが、根拠のある自信を持とうとするため、こういった考え方のミスが起きているわけです。

自己肯定感・自己評価が低い

これも大きな一つの特徴です。

上記と少し似ているところもあるのですが、自分を過小評価していませんか。これは、私もそうなのですが、何かと自分を過小評価することが癖になっていて、それに気づいてないのです。

これに気づく方法があります。例えば、

同じことを自分やった場合と他の人がやった場合を想像してみます。それで、どちらも9割型達成したとしましょう。

そこで他の人が達成した場合を考えると、ほぼできてるのすごい!と場合によっては感嘆します。

しかし、自分がやった場合だと、なんで完全に達成する事ができないのかな〜と嘆いてしまいます。

これは、明らかに過小評価していますね。9割じゃなくても半分できた場合でも自分がやったこと相手がやったことに対する評価はずれています。

他にも、

コンプレックスがある

過去の失敗がある

など、あげればキリがないほどありますが、これらに当てはまっていましたでしょうか。

当てはまっていた方は、ぜひ改善していくべきなのですが、次にどうやったら自信が持てるのか。自信をつける方法を見て行きましょう。

自信を持つにはどうしたらいいのか。

ポジティブ思考

やはり、上記の自信の解説、自信がない人の特徴から分かる通り、ネガティブが自信を失う原因の思考になっている事がわかります。

つまり、ポジティブ思考になりさえすればいいわけですが、ネガティブ思考だったのに明日起きたら急にポジティブ思考になれるような簡単なことではないような気がします。

でも、心がけ次第では少しずつでも変わっていくことはできます。

これから生活していく上で、自分の思考を観察してみましょう。ネガティブ思考をしたタイミングで、それに気づいて、ポジティブに考えてみる習慣をつけましょう。

最初の頃は、自分に嘘をついているみたいで少し気持ち悪いかもしれませんが、ポジティブ思考になるとまでは言いません、ポジティブ思考をしてみるだけで、少しずつ変わっていけます。

気づけば、前抱えていたストレスがだいぶ軽くなっていくと思いますよ。

自分の長所(強み)をふわっと把握する

なぜふわっととわざわざつけたのかですが、先ほど述べたように、具体的な数字などでの長所(年収など)をいってしまうと、自信を失う原因になりかねません。

つまり、自分はこういう分野は得意な方だよね〜。とか、自分の長所はこういうところにあるよね〜と把握しておくだけで、自分がやるべきことが明確になるので、大きな失敗をすることが減ったり、成功体験が増えるので

結果的に、自信につながります。

他の人と比べないこと

自信を無くす原因に、人と比べて劣等感を感じることによって自身はすり減って行きます。

ならば、比べなければいいのです。逆に、自分が得意なことに関して人と比べると、優越感を感じるかもしれませんが、それはただの傲慢につながります。また、その上で劣等感を感じてしまうと、得意分野が得意だと思えなくなります。

このように、比べるといい事がありません。

自分を磨く・スキルアップをする

上記で得意分野がない〜〜とか、長所が見つからない〜〜などと思った方などに特に言いたいのですが、

ないなら作ればいいわけです。単純です。

何かやってみたいことがあれば、それに時間を使って自分のスキルを磨けばいいのです。資格の勉強でも、本を読むでも、運動するでも、ピアノを弾くでもなんでもいいので、スキルを磨けばそれが長所になります。

やりたい事がない人は、とりあえずいろいろなことをやってみて、長所になりそうなことを磨いてみましょう。きっと何かしらやりたいことは見つかります。

以上の他にも、

目標を作る

やった事ないことにチャレンジする

など自信をつけるためにすべきこと自信を持つ方法はたくさんあります。ぜひ、試して自信を持っちゃいましょう。

自信過剰など、自信の類義語は?

ここに、自信の類義語を並べておきます。自信の色々な言い方から自信への理解を深めましょう。

誇らしく思う。自慢に思う。プライドを持つ。名誉に感じる。光栄に思う。鼻を高くする。胸を張る

自信の英語やその例文は?

自信・・・confidence

そのことに自信がある

I have confidence in that.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました