遺伝子検査の性格の信憑性は低い?

遺伝子検査の性格の信憑性はどれくらいあるのか疑問に思うことがあると思います。

そこで、遺伝子検査キットの信頼性についてお伝えしていきます。

性格がわかる遺伝子検査キットの信頼性は低い?

最近は性格について調べられる遺伝子検査キットがあります。

おとなしい性格かわいわいした性格に関する外向性や協力的かそうでないかに関する協調性などが性格に該当します。

これらの性格に関わる遺伝子検査キットの信頼性ですが、イメージよりも低いと考えて良いです。

イメージとは、一般的に遺伝子検査で分かった性格は自分の遺伝子の全てを反映していると思いがちです。

例えば、遺伝子検査キットで自分の外向性は高いとわかった時、大抵の人は「自分は遺伝的に外向的なんだ」と考えると思います。

ですがそれは事実ではありません。

現在の遺伝子検査では、外向性に関わる遺伝子全てを調べることができないからです。

つまり、遺伝子検査キットの結果が外向的だったというのは、外向性に関係すると今わかってる遺伝子を調べた結果、あなたは外向的だったということです。

なので、遺伝子検査キットで外向性が高いと判明したからといって、遺伝的に自分の外向性が高いとはいえないわけです。

まだ発見されていない外向性に関わる遺伝子については調べられないからです。

これと同じようなことが、遺伝子検査キットの全ての性格に対してもいえます。

協調性や物事をやりとげるか三日坊主になりやすいかに関係する誠実性や創造性に関係する開放性などの性格を調べることができます。

しかし、これらすべての結果は関係する遺伝子全てを調べることはできていないわけです。

なので、子供の才能を見つけるために遺伝子検査キットを使用するのはあまり実用的ではないかもしれません。

すくなくとも現段階では。

性格がわかる遺伝子検査キットの信頼性は低い?まとめ

以上遺伝子検査キットの信頼性についてお伝えしてきました。

遺伝子検査キットでは、遺伝的な性格を全て調べることができないとお伝えしました。

つまり、遺伝子検査キットの結果を見て、遺伝的に外向的な性格だった、とか遺伝的に三日坊主になりやすい性格だったとか、遺伝的に親切な性格だったとか言えないわけです。

言えるのは、外向性に関係する遺伝子の一部が外向的だった、ということです。

なので、遺伝子検査キットで、自分は遺伝的に〇〇な性格だ、ということを知りたいのであれば、遺伝子検査キットはおすすめできないです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました