【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

雨時々止むと雨時々曇りの違いとは?

雨時々止むという表現は一般的にあまり聞きませんが、雨時々くもりとどう違うのでしょうか?

「雨時々曇り」と「雨時々止む」のそれぞれの意味と違いを徹底解説します!

 

雨時々止むの意味

雨時々止むはどんな天気を指すのかというと、一日のうち雨が止んでる時間が12時間未満で、かつ、止んでない期間が1時間以上ある天気のこと。

上記の予報の時に雨時々止むという表現が使われるそう。

つまり、一日のうち12時間以上は雨が降っていて(止んでる状態が12時間未満)で、かつ1時間以上雨がふり続けている状態がある天気のことを指します。

これなら、雨時々曇りで良さそうなものですよね。

雨時々くもりと同じ状態を指すため、天気予報のサイトによっては、「雨時々曇り」という表現を使用しないものもあるようです。

では続いて雨時々曇りの意味を紹介します。

雨時々曇りの意味

雨時々曇りはどんな状態を指すのかといえば、「曇っている時間が12時間未満であり、なおかつ、1時間以上曇りでない時間があること」を指します。

つまり、時々曇りというのは、曇りと曇りの間に1時間以上の間隔が必要、かつ曇りの時間が12時間未満の天気のこと。

まとめ

・雨時々止むという馴染みない天気予報は、雨時々曇りと同じ意味。

・予報サイトによってはどちらかに統一してある。

 

 

 

その他
スポンサーリンク
ohをフォローする
o-and-h.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました