【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

高校物理の独学ために最適な参考書とルートを紹介!難しいとされる理由とその勉強法を徹底解説!

高校物理の独学をしなければならないあなたに!実際に高校物理をほぼ独学で勉強した勉強法と使った参考書、そしてルートを紹介!

物理が学校で習わないのに、受験で必須な方、

学校の先生がわかりにくいから自分で勉強したほうがいいと思っている方

そんな方に向けて、今回は物理の独学についてそれが難しいとされる理由と、その対処法として考えられるおすすめの参考書やルート、勉強法を解説していきます。

是非、参考にしてくださいね!

高校物理の独学が難しいとされる理由とは?

物理の独学は、一般的に難しいとされています。

それはなぜなのでしょうか。

数学の授業と内容が前後する

まず、これが一つ上げられます。物理は、いってしまえば数学の延長とも言えます。

高校物理の最初で扱う、変位、速度、加速度、などはまさに、中学でやった数学の内容に近いですね。

そこで、高校の物理では、力という概念が出てきたときに、それが数学のベクトルの知識を必要とします。また、ベクトルとともに、三角比などの知識も必須になります。

これらが、苦手な方が複数いることや数学で習っていないのに、物理で出てくる場合に、逆に苦手意識につながる方などが発生してしまうため、物理が難しく感じられることがあるわけですね。

数学で、得意不得意が出るようなこの分野などは特に、物理の得意不得意に直接的につながってくるので、それも大きいと考えられます。

公式を覚えても解けない!

物理は、暗記というよりは、数学のようにいくつかの公式さえ頭に入っていれば、理論上解けることにはなりますが、

公式を覚えても解けない!ということがあります。

これは、かなりの誤解なのですが、公式をそのまま暗記することと、公式を理解することは=ではないということですね。

ここでは、公式の使い方を知って初めて公式を覚えた、理解したということになりますので、やはり使い方を知る必要があります。

そこで、どうやって使い方を理解すればいいのかは単純です。下の勉強法の項目でも再度話しますが、問題を解けばいいのです。

実際に手を動かすことによって、アウトプットすることで定着していきます。

物理独学のための参考書・ルートを紹介

ここでは、自分が実際に物理を独学したうえでの使用した参考書とその評価をもとに、参考書・問題集を紹介し、そのあとどのようなルートで勉強を進めるべきかを紹介します。

おすすめ参考書・問題集

まず、必ずお勧めしたいのがこちらです。

漆原先生の面白いほどわかる本シリーズ(3冊)

これは力学・熱力学編ですが、電磁気学編、波動・原子編もあります。全部おすすめです。

 

 

 

 

 

特長を述べるとすると、大学入試問題ほぼすべての問題に対して分野ごとに同じアプローチで解ける解き方がある、確立されているということになります。
この参考書の何がいいかを言いたいのですが、正直ありすぎて一言で言い表せません。これは、物理基礎も物理も1冊に含まれているということもかなりでかいです。最初の5章ほどまでは物理基礎でそれ以降は物理の内容としっかり分かれているのも、物理基礎しかやっていない方にもかなりおすすめになる1つの理由ですね。

大学の入試問題は、特に物理に関していえば、基礎的なことがしっかりわかっていればかなり簡単に解けるものになっています。

それに組み合わせになりますからね。

とくに、物理ではそれが顕著で、この参考書の解き方をマネして問題を解いていき、使い方を覚えるとそのまま大学入試の問題が溶けるようになります。これはとてもすごいことだと思いますね。

なぜそれができるのかというとこが気になると思われます。

それは、その解き方が体系的であり、それにもかかわらず、その解き方に至るための公式の導出だったり、現象の説明などがかなりわかりやすく、イメージできる形で書かれているため、

物理が苦手な人でもかなりすっとはいってくる内容になっています。自分は、数学は得意なほうだったのですが、物理が当初かなり苦手意識が強く、悩んでいたところ、この参考書にあってかなり得意分野に変貌しました。大学の勉強をしている今となっても、たまにこの参考書に戻ることがあります。

漆原先生の最強の99題

 

 

こちらも、漆原先生の書いた問題集で、もっともハイレベルな難関大に近い問題集となっています。

自分が使っていたころは最強の88題でしたが、受験問題の傾向の変遷から、改訂されたようです。これからもわかるとおり、かなりの頻度で改訂され、最新の内容で勉強できます。

上記の3冊を勉強し終えたら、こちらに移行してもいいと思われます。実際自分はそうしました。

こちらを周りで使っている人はほぼ見かけませんでしたが、自分は、漆原先生スタイルの解き方で物理を勉強したうえで、それを最も最善な形である同じ解き方での解答が用意されているこの問題集で、かなり力を伸ばすことができました。

決してやさしい問題ではなく、有名大学の入試問題がのっているのですが、なんとびっくり、今までと同じやり方で解けてしまうのです。

やはり、難関大の問題であるために、少し柔軟な問題に対するアプローチの仕方などが必要になってきますが、それらを身に着けることができるようになります。

自分は、特に漆原先生の語り口調と異常に分かりやすい解説が大好きだったので、この参考書一択でした。

鉄板ルート

以上のような参考書を紹介してきましたが、

ルートはそのままで、上記3冊の面白いほどわかるシリーズは、教科書いらずの参考書となっているので、教科書に戻らないといけないということがありません。

そのあと、最強の99題にそのまま進みました。

自分は個人的に漆原先生の説明が好きだったので、この99題より優しく、参考書シリーズの解き方を実践できる

 

 

こちらも、購入していました。実際、あまり使用しませんでしたが、極論参考書シリーズを読んでいなくとも、独自の解き方を解説しているものになります。

しかし、物理を得意科目にするためには、参考書シリーズによって基礎を身に着けることをかなりおすすめしています。意外とすいすいすすみ、ストレスフリーで楽しく勉強できると思うので、試してみてくださいね。

これらで基礎ができあがったら、最後は、受験しようと思っている大学の赤本や青本などで、過去問に挑戦して、傾向をつかみ、わからないとこはこれらに戻るという風にして、対策していくと物理はかなり点が取れるようになります。

物理独学を成功させるための勉強法は?

物理独学の勉強法ですが、ほぼ上記の参考書紹介で話した通りで、あの参考書通り、進めていき、問題集を解くということになります。

ここでは、主に参考書をどのように使うのかについて軽くポイントを離していきます。

参考書は、ぜひ、参考書にわからないポイントがあったりしたら、是非ふせんをはったり直接書き込むなどして、わかるためにはどういう思考プロセスを踏んだかを書くべきです。

1つわからなかったらちょっと戻って読み直してみたり、少し進んでみたりするとわかるようになることがほとんどなので、ぜひ試してみてください。

問題集も繰り返しが基本です。1回ときっきりにせず、問題がどの程度できたのか必ずメモをしておき、(問題番号やそのページの左上にでもいいので)かならず1から解き方を自分でアウトプットできるようになるまで繰り返して勉強することが大切になります。

是非、参考にしていただければ幸いです。

また記憶の定着させるのが苦手な方が多いです。

そんな人には東大合格の記憶術がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました