100キロは才能か?天才しかデブになれない?

体重が100キログラムを超えるのは才能がないと無理だと言われます。

実際のところ、デブは才能なんでしょうか?

結論は体重が100キロを超えるのには才能がまあまあ必要です。

けれども、才能がない人でも100キロを超えることができる人もいると思います。

デブの才能を持った人の方が、努力を必要することなく100kgを超えやすいというだけです。

100キロは才能 太りやすい遺伝子

体重は遺伝の影響が大きいことが知られています。

体重は行動遺伝学によると、だいたい90%が遺伝の影響のようです。

性格の遺伝率は30%から50%で、学業成績が50%程度です。

つまり、学業成績を努力して伸ばすことよりも、体重を努力して伸ばす方が難しいのです。

体重が100キロを超えるには遺伝の影響が大きいので、デブは才能だと言われています。

他の能力の遺伝率を見てみると、論理的推論能力が約65%、空間性知能が約70%、言語性知能が約15%です。

彼らの能力よりも、体重には才能(遺伝)の影響が大きく影響しているのは驚きです。

というわけで、太るには学校の成績を上げることや性格を変えることよりも難しいです。

とはいえ、太りやすい性質を持っているからと言って、運動が生活習慣が無意味ではありません。

食事が十分になく、何も食べなければ、太るわけがありません。

辛いかも知れませんが、消費カロリーよりも摂取カロリーを減らせば体重は減っていきます。

したがって、100キロを超えるには才能が大きく影響していますが、絶対に痩せることができないというわけではないと思います。

以上、100キロは才能か?ということについてお伝えしてきました。

体重はその他の能力や形質と比べて、生まれ持ったものの影響が大きいので、体重は才能の要素が大きいとお伝えしてきました。

とはいえ、デブの才能を持っているからといって100キロを必ず超えるわけではありません。

やせないわけでもありません。

他な人より痩せるのが難しくなりやすいです。

他人と異なる、痩せるのに適した方法をとれば、体重を減らすこともできると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました