Intpはサイコパス?そう見られやすい理由を解説

intpはサイコパスっぽいと言われることが多いと思います。

とはいえ、intpの中にはサイコパスもいれば、そうでない人もいます。

では、なぜintpサイコパスと言われやすいのかお伝えします。

intpがサイコパスと言われる理由

サイコパスは共感能力が低く、他人に冷淡で、口がうまく、周囲からすると魅力的に見えます。

intpがサイコパスだと言われる理由の一つは、共感が苦手だからです。

intpのTは論理的に考えるのを優先していることを表しています。

一方、F型は感情機能、つまり共感的に考えることを優先しています。

普段から論理的に話す癖がついているので、F型からすれば、共感できない人だと思われやすいです。

そのおかけで、共感ができない点を見て、サイコパスっぽいと言われます。

周囲から魅力的に見えるために計算できる点も、サイコパスらしさを強めています。

intpはT型であるため、感情の微妙なニュアンスを感じとることが苦手です。

そのため、魅力的に自分を見せるために加減を知りません。

自分を魅力的に見せるために、魅力を高める要素を体型的にすべて実践してしまうため、周囲からすれば、必要以上に魅力的な人物に映ります。

それがサイコパスの特徴の一つである、外面の魅力へ繋がっています。

他にもintpがサイコパスだと思われやすい理由があり、損得勘定で動くintpが多いからです。

メリットやデメリットの話ばかりしていると、冷たい人間だと思わらやすいです。

また自分と利害関係がある人とだけ関わるようにすると、なおさら冷淡な印象を周囲に与えます。

というわけで、intpがサイコパスだと思われやすい理由の三つ目は損得勘定で動くからです。

以上、intpがサイコパスだと思われやすい特徴をお伝えしてきました。

魅力的に見えるのはいいことですが、共感能力を少し鍛えると、人間関係の問題を抱えづらくなり、適応するのがもう少し楽になるかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました