【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

nftの環境問題とは?

世間を騒がせているNFTですが、環境への影響が懸念されています。

NFTによって引き起こされる可能性のある環境問題についてお伝えします。

NFTにおける環境問題 二酸化炭素排出量

NFTの発掘や取引の際に大量に二酸化炭素を排出するため環境への影響が懸念されています。

厳密にどれほどの二酸化炭素を消費するかはわからないようですが、今後さらに二酸化炭素排出量が増加することが考えられます。

二酸化炭素が増えれば温暖化が進みます。

地球の平均温度が上昇すれば、海面が上昇したり、異常気象や生態系へ影響を与えます。

これらの問題を深刻化させる恐れがあるので、二酸化炭素を大量に排出させ続けるのは危険です。

NFTにおける環境問題 電力消費量

電力消費量が莫大な点もNFTの環境問題だと考えられています。

マイニングの際に大量の電力を必要とする理由はプルーフオブワークという仕組みにあります。

プルーフオブワークというのは、偽造や複製ができないための仕組みです。

デジタル通貨は人々から信頼されている理由の一つはこの仕組みがあるからです。

しかし、この仕組みを実現するのに多くの電力を必要とするため、NFTの電力消費量が大きいことが騒がれています。

CBECIによると、世界各国の年間消費量のランキングと比較すれば、27番目に消費電力量が多い国と同じ水準です。

これほどの電力を消費するのは驚きです。

以上、NFTによって引き起こされる可能性のある環境問題についてお伝えしてきました。

生活の些細な部分から環境に配慮していきたいものです。

 

NFT
スポンサーリンク
ohをフォローする
o-and-h.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました