【本文はもう少し下です】

6000円の収入の半自動化に成功しました!

同じものを100個作れば、毎月60万円の収入が得られそうです。

寝てても自動で入ってくれば、仕事いかなくてもよさそうですね。

6000円の収入を半自動化した秘密をこちらのメルマガで紹介予定!

いつ非公開にするかわからないので今日中に登録することをおすすめします。

NFT取引におけるガス代とは?発生するタイミングや理由と高騰について

NFT取引について多少知見がある人は

NFTの”ガス代”という言葉を聞いたり目にしたことがあるのではないでしょうか。

NFTとガス代がいったいどう関係しているのだろうと疑問に思う方もいると思います。

なので、今回はNFTにおける”ガス代”について一体それは何なのかについて説明した後にm

その発生するタイミングや、この先それがどうなっていくのかについて簡潔にまとめましたのでぜひ最後までご覧ください。

NFTにおける”ガス代”とは一体なに?

NFTにおけるガス代というのは、仮想通貨の1つであるイーサリアムで取引を行うときの手数料のことを言います。

つまり、ガス代というのは単なる隠喩のようなものだったわけですね。

NFTの”ガス代”の発生タイミングは?

ガス代というのは手数料だといいましたが、この発生タイミングについてみていきましょう。

次があげられます。

  • イーサリアムを誰かに送ったり受け取ったりするとき
  • NFTの売買をするとき
  • NFTを誰かに送ったり受け取ったりするとき
  • NFTを発行する時

つまり、取引を何か行うときにはガス代はおのずと発生すると考えておけば大丈夫です。

なぜ”ガス代”は発生するのか?

自律分散的につまり、どこか1つの中枢機関に依存することないという考えでブロックチェーンは生まれたのですが、

その中で”ガス代”がなぜ必要になってくるのでしょうか。

仮想通貨は、ブロックチェーンという取引履歴を暗号技術によって一本の鎖のようにつなげることで、正確な取引履歴を維持しようとする技術によって作られているのですが、

それを維持するためには、”マイナー”といわれる取引データが正しいと証明するために計算している作業をしている人たちが存在しています。

その取引データが正しいと証明するにはかなりの電力を必要とするので、

マイナーには報酬が支払われるべきであると考えられますね。

つまり、自律分散型であるがゆえに中央管理者がいないので、取引が行われたという事実を証明する人が必要なのです。

そこで、マイナーが”マイニング”と呼ばれる上記の計算作業を行うことによってガス代というのは発生しているということなのですね。

これがガス代が発生するタイミングの理由の裏付けとなるのですが、これによって取引の際にガス代は発生することになります。

ガス代は一定額?それとも変動している?

現状、ガス代はNFT取引の市場が膨らんでいることや、仮想通貨が高騰しているため

イーサリアムで行われる取引がどんどん増加しています。

その中で、マイニング作業はその増加率に比べると効率が同じように上がっているわけではないので、

ガス代はそれに伴ってどんどん高騰していることになります。

つまり、ガス代は変動して増加していることになります。

また、今後NFTの領域は大手のIPホルダーなどの参入などもあり、取引はどんどん増えていくことが予想されているので、ガス代はさらに高騰することでしょう。

また、それではガス代が高騰しすぎて手数料がかかりすぎるということになりかねないので、

イーサリアムブロックチェーンの外で取引をすることによってガス代の発生を抑えるという技術の開発も進んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました